Archive for 8月, 2013|Monthly archive page

「昔のドラマのノベライズ本のこと」

木曜日, 8月 15th, 2013

少し前に図書館で、北川悦吏子さんの本を見つけたので、借りました。
北川悦吏子さんが脚本を書いたドラマは結構見ていたのですが、「オーバータイム」は、見たことがなく、どうしようかな、と思ったのですが、借りました。

まだ読み始めたばかりなのですが、前半は、正直登場人物が多くて、誰と誰が会って、その後再会したのか、といったところまで整理できませんでした。
本の後ろにドラマでのキャストがだいたい出ていまして、その順番で、誰と誰が付き合うようになるか、ということはだいたい分かりました。

なんといいますか、北川悦吏子さんの本は、これまでにも読んだことがあるのですが、ドラマを見た人が、後で読む本、という前提があるようにも感じました。
簡単にいいますと、本の中での仲間内の楽しさにいまいち入っていけないのです。

しかしながら、人生ゲームをして楽しむ30の女性が出てきたり、それを見て、「人生を無駄している」という弟がいたりと、
何といいましょうか、今やっているドラマにはない、娯楽的要素は満載です。

また、普段ふと思いながら、色々な人が心にとどめたままにしていると感じる優しい感情が、台詞となってあちこちに出てくるところで、なんとも言えない温かな気持ちになってきました。